活動レポート|「良心が響き合う社会を目指して」(株式会社宮田運輸 代表取締役 宮田 博文氏)

イベントスケジュール在り方大学委員会活動ワンデープロジェクト運営情報

入会案内 参加申込 お問い合わせ

入会案内

参加申込み

お問い合わせ

お知らせ
News & topics

「良心が響き合う社会を目指して」(株式会社宮田運輸 代表取締役 宮田 博文氏)

2017年11月29日(水)in 大阪

講演者:宮田博文氏(株式会社宮田運輸 代表取締役))
テーマ:「良心が響き合う社会を目指して」

今回は大阪にて、株式会社宮田運輸の宮田社長にご登壇頂きました。

子供の頃からトラックが大好きで、トラック運転手のお父様について回っていらっしゃったという幼少期のお話から、現在進められている『こどもミュージアムプロジェクト』まで、終始温かいトーンで優しく語りかけて下さりました。




自社のトラックで起きてしまった交通事故をきっかけに会社の在り方を考えられることになったのですが、何度も口にされていたのが「優しい気持ち」と「愛」というキーワードでした。



『こどもミュージアムプロジェクト』も、純粋なこどもの絵を見て温かい気持ちにならない人はいない、運転手も優しい運転になる、というまさに優しい気持ちを広げる活動でいらっしゃいます。

「優しさが日本を、世界を変えるんです。運送屋は日本にいくつでもある、自分がこれをやってだめになるんだったらそれでもいい!」

と断言されるその姿に、参加者の皆様も心を打たれていらっしゃいました。



途中、今年4月より立ち上げた国際的な社会貢献を進める部署に入社されたという2名の中国籍の社員様にもお話し頂きました。

お2人とも流暢に日本語を話され、そして、何よりこのこどもミュージアムプロジェクトに共感され大変精力的に活動されていました。とてもイキイキと輝いていらっしゃる様子が印象的でした。



会場は終始温かい雰囲気に包まれ、宮田社長のお話に涙を流されている方もいらっしゃいました。


懇親会 風景
 ==============================================

懇親会も講演会の余韻をそのままに、和やかな雰囲気の中行われました。

経営実践研究会の懇親会はただ料理やお酒をのみ交流することではなく、お互いの価値観や経営信条について遅くまで熱く語り合われています。

宮田社長、ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。

  • Clip to Evernote
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の記事