入会案内

参加申込み

お問い合わせ

お知らせ
News & topics

●会員の声 『株式会社フォーユーカンパニー 宮本宏治様』

顧客参加型の社会貢献の仕組みを創り共感が共感を生むコミュニティを創造する



どのような事業をされていますか?
パソコン教室をしています。メインのお客様はシニア層の方々です。



経営実践研究会への入会の経緯を教えて下さい

4年前(2013年)になりますが、ちょうど経営者になり始めだったので経営者としての在り方を考えなければいけないと思っていたところ、経営者仲間に(経営実践研究会を)ご紹介いただいたことがきっかけです。


経営実践研究会へ入会する前後での変化はありますか?

会社としてどうあるべきか、経営者としてどうあるべきかを明確にできたのはもちろんのこと、自分自身の人生についても明確にこうしようという意識が芽生えました。

また、周りの経営者の方で儲ける事だけを考えていたり、会社を大きくすることだけに目がいっている方に比べて『本業を通じて社会貢献をしていく』という経営実践研究会の考えに触れていたので、社員やお客様といったステークホルダーへの視点が持てたことは大きな変化だと思います。


 

経営実践研究会で印象に残っている活動はありますか?

現在は大阪で理事もしておりますが、定例会やインタビューをしていく中で多くの方と出会うことが何より勉強になりますし、とても大切なことだと思っています。

今はカンボジアで就業支援を行っておりまして、現地で作った製品を私達が輸入するという事業を行っております。また、NPO・NGO支援も行っておりまして、パソコン教室に通っている生徒さんに無料でチラシを作ってもらって各団体に提供しています。

そんなことが成り立つのかと不思議に思われるかもしれませんが、冒頭申し上げたようにパソコン教室に通われているお客様の多くがシニア層の方々で、社会に対して何かをして感謝されることが少ないんです。そこでこのような接点を設けてあげることによって人から感謝をされるので自分の存在意義を見出せるんです。

その代わりNPO・NGOの方には必ずお礼の手紙を書いてもらうようにしています。中にはその手紙を見て涙される方もいらっしゃいます。

よく社会貢献というと「=ボランティア」という感覚になる方がいらっしゃいますが、そうではなく人のためになることをして、どうやったら事業として成り立つか。そういう視点で物事を考えることが大切です。

そしてそれこそが経営者の役割だと思っています。

ただし、社会貢献をやろうという方に忘れてほしくないのは現場を見に行かずに社会貢献などできないということです。

ぜひ、現場を先ず見に行って、何をすれば良いのかを考えてほしいです。



最後に今後のビジョンをお聞かせ下さい

〝居場所″を創ることがテーマです。

自分は母子家庭だったんですがその中でも野球をやらせてもらって、そこに居場所があったんですね。

社会には自分の居場所を見いだせない方がたくさんいます。

例えば、シニア層、ホームレスあるいは母子家庭で家族の時間がない子供さんなどです。

そんな人たちに〝居場所″を与えられるような活動をしていきたいと思っています。



株式会社 フォーユーカンパニー

代表取締役 宮本 宏治

http://foryoucompany.net/pccl/

 

1972年兵庫県伊丹市生まれ 大阪工業大学卒業

小学2年生~大学まで野球部に所属

株式会社ビルディング企画で営業・人事・経営企画・支店長を歴任

2012年株式会社エヌエスイーエデュケーション代表取締役に就任

2014年株式会社フォーユーカンパニー設立 代表取締役就

幼少のころ父を亡くし、シングルマザーの子供として育った経験から、現在は女性の就業支援や貧困の子供たちの支援を本業を通じて行っている。

 

取材を終えて(編集後記:静岡大学 増田 2017.9.7)

今回は株式会社フォーユーカンパニーの宮本宏治さんにインタビューさせていただきました。

宮本さんのお話を聞いていると惹き込まれるようにたくさんの質問が自然と出てしまう、そんな不思議なインタビューでした。

経営者として、本業を通じた社会貢献を、身をもって実践されている姿と〝居場所″を作りたいという想いが強く印象に残っています。まさに経営者の鏡だなとお話をお伺いしていて感じました。

 

  • Clip to Evernote
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の記事