元零戦パイロット 原田要氏の人生観、死生観~戦争を止めるのはお母さんたちだ~

イベントスケジュール在り方大学委員会活動ワンデープロジェクト運営情報

入会案内 参加申込 お問い合わせ

入会案内

参加申込み

お問い合わせ

委員会活動
Committee activity

元零戦パイロット 原田要氏の人生観、死生観~戦争を止めるのはお母さんたちだ~

  • Clip to Evernote
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元零戦パイロット 原田要の人生観、死生観~戦争を止めるのはお母さんたちだ~

元零戦搭乗員 / 零戦パイロット 原田要氏

「戦争の体験者は80歳から90歳。私たちが生きているうちに戦争の真実を伝えて欲しい」と訴えるのは、元大日本帝国海軍零戦パイロットの原田要さんだ。「攻撃する技術と防御する技術を競い合い、このまま戦争を続けていたら、人類は滅びる」と警鐘を鳴らす。地獄のような絶望的な局面から、何度も奇跡的に生還した原田さんは、その都度母親の姿を見たという。戦争を止められるのは果たして誰なのか?多数の犠牲者を出した我々日本人こそが歴史に学び、その答えを見出していくべきではないだろうか。<編集部より>

 

幼稚園時代が一生を大きく左右する

人間は、生まれて3歳から5歳ごろまで、いわゆる幼稚園時代に与えられた感激やインパクトが、その人の一生を大きく左右するのではないかと感じています。私は大正5(1916)年生まれですから、5歳の時だったと思います。祖父が「今日、東京から飛行機というものが来るそうだ。お前見たいか」と言うわけです。飛行機なんて聞いたこともないから見たいし、人間が小鳥のように空を飛べるなら、ぜひ自分も飛んでみたいと思いました。
「じゃあ連れてってやろう」と、ここから8キロくらい先の河川敷まで歩いて行ったのですが、噂を聞きつけて観客がたくさんいました。ところがなかなか飛んで来ない。東京から来るのだからと東の方角を一所懸命見ていたのですが、南の方からブンブンブンとおかしな音が聞こえてきました。小さなトンボのようなものが見えてきました。「ああ、あれか」と。水のない河川敷に降りて、離陸してを繰り返したかと思うと、二人乗りのうちの一人が座席で立ち上がったりして、すごいなと思いました。「よし、俺も大きくなったらあの人のように飛びたい」それが私がパイロットになろうと思ったきっかけです。

日清・日露戦争で従軍した方がおじさん達の中にもたくさんいました。彼らはお酒を飲むと必ず戦争の話になります。「ロシアという巨大な国と戦って勝ったんだ」「乃木将軍が二百三高地で旅順を」「東郷平八郎元帥がバルチック艦隊を」と勇ましい話ばかりです。当時は先進国に追いつけ追い越せという空気が支配していました。私たち少年の感激は非常に大きくて「俺も大きくなったら、お国のために活躍して名をあげてやろう」と思いました。戦争に対する罪悪感など全くありませんでした。当時戦死したおじが長男だったので、祖父は国からお金をもらっていたようです。「これはおじさんのお金で買った田んぼだから、おじさんだと思って絶対に手放してはいけないよ」と言われたものです。関東大震災のあと、アメリカが不景気になって絹糸が売れなくなって、さらには全国で冷害に遭って、東北では農家が自分たちの食べる米がないような状態でした。国が軍国主義に走りはじめ、私たちはむしろ戦争に憧れを持つようにさえなっていきました。勉強もせず、遊びといえば軍隊の真似ごとばかりしていました。

中学校から海軍へ

それでもそれなりの歳になって、「中学校を受験してみろ」と言われて、長野県長野中学校(現在の長野県長野高等学校)を受けたら受かってしまいました。行ってみたら、みんな優秀な学生ばかりで、同級生が200人くらいいる中の200番でぶら下がっているような感じですから、「こりゃ勉強ではダメだ」と思い、じゃあ子供の頃から憧れていた軍隊へ行ってしまおうと考えました。当時陸軍と海軍とがありましたが、陸軍は服装も地味だし、演習もぱっとしない。それに比べ、海軍は服装も格好いいし、軍艦というものに乗って世界中を旅行できるようなものだという話を聞いて、昭和8(1933)年に海軍に志願しました。

陸軍は誰でも入れてくれるようなところがありましたが、海軍には簡単な試験がありました。班長が優しい人で、可愛がられ、昭和11(1936)年には入れっこないと思っていた飛行学校へ行くことになりました。親の許可書は内緒で作って出しましたが、それが通ってパイロットとしてのスタートを切ったわけです。とは言え、戦争ほどの罪悪はありません。ハワイ、セイロン、ミッドウエーと戦いが進むにつれ報いが来るんだと思いました。ABCD包囲網の要求は国の存続を脅かすものでしたから、日本は中国への侵略と言われる行動をとりましたが、生きていくためでした。ですから戦争というものはどちらが良くて、どちらが悪いということではなく、必ず両方が悪いと考えます。戦争を続けていたら人類は破滅につながると、このころ一下士官である私の信念ができあがったように思います。

南京~真珠湾~セイロン島

昭和12(1937)年には、苦労していた精鋭部隊を、私たち飛行機部隊が援護して南京を陥落させました。参戦していない国の援助部隊の船を攻撃したことで、外国からは非難されましたが、国内ではむしろ評価され内地で教官となりました。昭和16(1941)年、航空母艦蒼龍に配属されました。高性能な新型機、ゼロ戦(零式艦上戦闘機)によりハワイ真珠湾攻撃をしましたが、私は母艦を守る役割で少々がっかりしました。そして当初の狙いほどの戦果を上げていないにも関わらず、国ではものすごい熱狂をもって迎えられました。

ハワイの時には、戦友たちが帰ってきて、あれを沈めた、これを爆破した、と自慢するのを我慢して聞いていました。次のセイロン島コロンボ飛行場攻撃の時には、イギリスのハリケーンという素晴らしいスピードを誇る戦闘機100機くらいを「小隊長として真っ先に飛んでいって、全滅させよ」ということで65機で出撃しました。スピードを活かした一撃離脱とか、1機あたり2機以上で戦うとか、相手もゼロ戦の性能をよく研究していました。ゼロ戦の機銃は口径が大きくて重いため威力のある弾丸ですが、多くを積めないので、弾数を節約するためにこちらも相手の顔が見えるくらい接近して撃つ、とか相手のスピードを見切った射撃をする、太陽や月を味方につける、帰艦時間を守るといった戦法を工夫しました。戦いは経験だなあと思ったものです。その際に吉川英治氏の「宮本武蔵」の兵法が役立ちました。

心が弱くなった時に見えるのは母親

燃料がなくなって、帰艦しようにも、艦隊が見つからない時があって、敵に突っ込んで死んでしまおうかとも思いました。ところが小隊長のマークがついているので、同じような状況の僚機が付いてきて、「私が死んでしまったら、彼がかわいそうだ」と思い、とりあえず飛び続けて燃料が尽きたらおしまいかなと考えていたら、水平線の雲が母親の姿に見えました。目鼻までついて、おいでおいでをしている。心が弱くなると母親が見えるんだなあと思いました。僚機が降下するので、自分より先に燃料がなくなったのだろうと思ったら、彼が目が良くて母艦を見つけてくれたのでした。着艦した時には本当に燃料がゼロでした。

最期は「天皇陛下万歳」とか「大日本帝国万歳」とか言って死んでいったとか言われますが、そんな人は一人もいません。最後はやはり母親ですよ。母親の存在というものはものすごく大きい。母親がおっぱいを与える。「いっぱい飲んで、早く大きくなって立派な人間になるんだよ」と、自分の愛情を全部子供に傾けておっぱいを与える。子供は一番最初に母親の顔を覚えて、信頼する母親から栄養を飲む。一番困ったときは母親です。だから戦争を止めるのは、母親と母親に育てられた若い人ですよ。年寄りは母親の顔は見えても、すーっと消えていってしまう。


地獄から生還

セイロンをイギリスの植民地から開放したころが、戦争気分は最高潮で、どんな作戦を立てても思い通りになるという危険な自信過剰に陥っていったと思います。ミッドウエー攻撃では爆弾・魚雷の選択で情報と指揮が混乱して、爆弾を艦上に置いたまま出撃しました。それが元で空母加賀、飛龍、蒼龍は炎上・誘爆して、「ああ、これで日本軍は終わりだなあ」と思いました。それでも必死に防戦したのですが、結局海上に着水するしかなく、4時間海の上を漂いました。他にも海に浮いている者はたくさんいて、ピストルで自決するものもいました。私ももうだめだと、自決しようと思いましたが、飛行機の中に忘れたのでしょう、懐にピストルがありませんでした。夜中になって駆逐艦に助けられましたが、上がってこいと言われても、体がしびれて動きませんでした。釣り上げられた駆逐艦の上はそれほど広くないのですが、甲板中重傷者だらけでした。足がない、手がない、顔がわからない、「助けてくれ」「水をくれ」「おっかさん」と、地獄というものを見た気がしました。

若い軍医がやってきたので、「私はしびれて動けないが、痛いところはない。苦しんでいる人を早く診てやってくれ」と言ったら、「これが最前線なんだ。平時とは違う。薬も装置もないんだ。この人達は介抱しても使いものにならない。ちょっと手当すれば飛べる君のほうが大事なんだ」と言って艦長室のベッドへ連れて行ってくれました。体が温まったら、一日飲まず食わずで飛んでいたので、腹は減るし喉は渇くしで、ふと見たら、艦長のものと思しきぶどう酒が目に入ったので、悪いと知りながら飲みました。よく効いて体もいっそう温まりました。後で艦長に見つかったのですが、正直に白状したら「それは良かった。元気になったらまた飛んでくれよ」と言われて、母親のような優しさを感じました。「こういう艦長さんのためなら死んでもいい」とさえ思いました。相手に伝わるようなまごころこそが大事なのだなあと勉強しました。人間死ぬのを急ぐことはありません。自分で死んだりせず、我慢して生きればまたお国のために働けると思いました。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

生きる力

こうしてミッドウエーでは敗戦をしたわけですが、「多少の損害はあったものの、勝利した」と国民をだましたわけです。生き残りの我々を表に出したら、うそがわかってしまうので、鹿児島の山の中へ連れて行かれました。そして商船を改造した空母が建造されたので、ガダルカナルを奪還するんだということになり、「今度は帰って来られないぞ」と宣言されました。それでも飛行機乗りとして死ねるなら本望と勇んで新型機を受け取り、訓練をしながら南方へ行きました。負け戦の体験者ばかりでやけくそのようになっているので、士気を高めようとしたりもしましたが、皆覚悟はできていました。そしてガダルカナルです。

ガダルカナルでは、アメリカナンバー2の撃墜王と一騎打ちになり、両機とも被弾しました。相手は墜落することなく飛行場をたどり着きましたが、後に聞いたら240箇所も穴が空いていたそうです。私は左腕にも弾が当たり、ジャングルに墜落しました。両翼は吹っ飛び、機体が裏返しになったので、ガソリンが操縦席に流れ込んできて、必死で外へ出ました。その間左腕の痛みは感じませんでした。生きようとする力はそれほど強いんだなと思いました。途中、同じように落とされた偵察兵に出会いましたが、機体に挟まれて抜け出せず、そのまま死んでいきました。傷が痛み、眠れぬ通夜を過ごしましたが、朝になって日が昇ると不思議と元気が出てきました。海岸へ出ると日本軍の上陸用舟艇を見つけたので希望が湧いてきました。

なんとか基地にたどり着き、とても大切に扱われましたが、薬がないので、マラリアやデング熱にやられました。そんな私たちを優先的に搬送しようとしてくれ、熱で気を失って気がついたら清潔なベッドの上です。アメリカの捕虜になったのだと思いました。「捕虜になるほど恥ずかしいことはない。アメリカの考え方は『助けてくれ』と言われれば助けるが、『殺してくれ』と言われてもしてくれない。脱走すれば監視に撃たれる。これだ」ということで脱走しようとしたのですが、ベッドから落ちて、飛んできたのが日本人の看護婦でした。「ここはどこですか?」「ここはトラック島の海軍第4病院だから心配いりません。熱も傷も治りますから、おとなしくしていてください」と言われました。また助かりました。

今の若い人たちにこれだけは伝えたいということはありますか

私は飛行機乗りとして8000時間という滞空時間の中で戦争というものを見ました。戦争というものは双方悪いので、相手を殺さなければ自分が殺されます。戦う技術と守る技術を競い合っていたら、いずれ人類は破滅してしまう。だから若い人たちに、自分の人生、青春を楽しむのも結構だけど、楽しみ過ぎると年老いてから孤独がやってくるよ、歳をとってからの孤独ほど辛いものはないよと言いたいです。

70年前の記憶を持つ方が、僅かな水筒の水を「子供にわけてやってくれないか」と懇願する母親の言葉を、聞こえないふりをして逃げたことがあり、「今でもそれが一番辛い」とおっしゃっていました。そんな気持ちを、語り部が生きているうちに若い人たちに伝えていきたいです。

体験は80歳、90歳の人しか知らないのですから、報道機関はそういう人たちが生きているうちに、政治とか世論とか自分の会社のことを抜きにして、正しい歴史を次の世代に伝えていただきたいです。歴史を正しく伝えるのが教育だと思います。皆さんも真実を汲みとって、伝えて欲しいです。

 

【在り方Webより 元零戦パイロット 原田要氏の人生観、死生観~戦争を止めるのはお母さんたちだ~

  • Clip to Evernote
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<プロフィール原田 要氏

元零戦搭乗員 / 零戦パイロット

大正5年8月11日生まれ。長野市(長野県旧浅川村)出身。昭和8年に横須賀海兵団入団、12年に第35期操縦練習生を首席で卒業。16年に真珠湾攻撃に参加、翌年ミッドウェー海戦に参加、同年10月、ガダルカナルでの空中戦で墜落して重傷を負い、本土へ。北海道の千歳航空隊で終戦を迎える。戦後、託児所を開設し、47年に学校法人「ひかり幼稚園」として認可を受け、園長に就任。平成22年に園長を退任した後も園児と触れ合う日々を送っている。

経営実践研究会 NEWS&TOPICS

もっと見る