入会案内

参加申込み

お問い合わせ

取り組み
Cooperation

多様性のある仲間から学び、共に成長する職場づくり【株式会社Dreams】

障がい者の方々を含めた多様な人々と共にダイバーシティ経営を愉しむ

     企業名    

株式会社Dreams  

 

    企業HP   
https://popcorn-papa.com/




  プロジェクトのポイント  
 

多種多様な人々の実習を受け入れ、特別扱いせずに様々なシゴトにチャレンジしてもらう


      会社紹介     

大阪市内でポップコーン専門店を3店舗展開している会社です。天保山店は1990年のオープンで、今年で18年の日本一古いポップコーン専門店です。UCW店はUSJの隣の立地で、多くのお客様に愛される人気店です。玉造店では通販を主に行っています。手作りにこだわった32種類のフレーバーポップコーンを販売し、「はじける笑顔」づくりに切磋琢磨しています。会社で一番大切にしている事は、「シゴトを愉しむ」ことです。「シゴト」は、自分で意味合いつける為にカタカナに、「愉しむ」は、主体的に取り組み価値を生み出す思いを込めて。「子どもたちが大人になるのが楽しみな社会の実現」に向かって日々励んでいます!


  プロジェクトの経緯  

「シゴトを愉しむ」ことと同じく大切にしていることが、「多様性のある仲間から学び、共に成長する」という事です。様々な立場の人達に「シゴトの愉しみ」を実感してもらい、その人の一所懸命さやシゴトに取り組む姿勢から、共に学び成長していく事こそ「シゴトの醍醐味」と考えています。ハードの面では、3S(整理・整頓・清掃)活動に積極的に取り組み、誰もが働きやすい綺麗な職場を目指しています。ソフトの面では、大学生のインターンをはじめとした高校生や中学生の職業体験、障がい者の実習などを積極的に受け入れ、スタッフに交じって、特別扱いせずに「仲間」として頑張ってもらっています。社員10名・アルバイト35名・障がい者4名の各々がやりがいを持って、愉しんでシゴトをする姿が子ども達に夢や勇気を与えてくれることと確信し、スタッフと共に素敵なミライの創造に邁進しています。 



    

  プロジェクトの詳細  

‘こどもミュージアムプロジェクト’は事故に遭わない、無事に帰ってきてほしいという願いを載せて、色んな形で広がっています。トラック、乗用車、建築現場における養生幕、工場壁など、業界を超えて優しさが浸透し、みんなが本来持っている「良心」に火をつけます。

このプロジェクトは子供の描いた絵を車輌にラッピングすることで、見られているという緊張感から自らの行動に自覚と責任が生まれ、ゆとりを持って安全運転を心掛けるようになります。他のドライバーから煽られたり、無理な割り込みをされたりすることが殆どなくなり、気持ちにゆとりを持って運転できるようになっています。また、将来世代の子供達のために地域とコラボし、未来への想いを繋ぐ色んな活動に取り組んでいます。

「ありがとう」と言われたことに喜びを感じてもらえるような環境を創りたい、子供達に自分の描いた絵が、人のために役立つ事の大切さを、言葉ではなく、体感してもらいたい、私達は子供との触れ合う場を沢山設けています。地元小学校の職業体験、お描き大会、紙芝居、安全教室等の活動も参加しています。

 

    今後の展望    

「働く」とは、日本では「傍を楽にする」、つまり周りの人に喜んでもらうことが語源と言われています。昔の日本人は今よりもっとシゴトを愉しんでいて、子ども達はそんな大人の姿を見て、大きくなるのが楽しみだったに違いありません。シゴトを愉しむことを通じて、輝く大人がたくさんいる社会を実現し、子ども達がそんな大人に憧れる世の中を実現したいです。



  • Clip to Evernote
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の記事